スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空母考 序

日本ではイマイチ盛り上がらないwows

偏差射撃の難しさに加えて、
艦の装甲配置、砲弾の飛翔特性による適正な射撃距離、砲弾が貫通し得る装甲厚の理解、砲弾の入射角度と跳弾発生の理解などなど…

ざっと思い付く限りでこれくらい.覚えることは山ほどあるので敬遠されるのも宜なるかなというところ.
取り分け、空母に関しては独特の操作感と一試合の中で負う責任が非常に重い事からプレイヤー人口はとても少ない.
私の知る限りでも、wowsには馴染めたが空母だけは無理だという人は少なからず存在する.

しかし、だからこそ競技として突き詰めるべき懐の深さがある.タブン


公式フォーラム等では
「初心者·一見お断り」な空気が新規層をシャットアウトする向きがあるが…まあ、そんなのは無視で良い.ハナっから上手いやつなんていないのだから.

戦艦·巡洋艦·駆逐艦等の水上打撃艦については
単艦に於けるテクニックの重要度は高いが空母に関して言えば

「空母が敵を沈められなくても味方がそれをやってくれれば勝てる」

要は味方を活かせる空母運用が出来れば良いのだ.
(もちろん、空母単独で敵艦を撃破できることに越したことはない)

味方を活かす空母運用という点に絞って記事を纏めていく次第.

初稿であれこれ述べても仕方ないので、
先ずは

「空母は大局的な視点で試合を総覧するもの」

「個艦の戦闘能力はあれば望ましいが、それだけで空母戦の勝敗を分けるものではない」

というところを理解して貰えればそれでよい.

常に全体を把握し、相手空母の次の手を読めるようになれば一端の空母使いの扉は開かれるようになる.キット

次回は空母の特性と日米の差異に触れつつ、
少し具体的な運用考察を行いたい.

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

balnaba

Author:balnaba
戦争を題材にした娯楽全般を好むが、特段争い事が好きな訳ではない.
あくまで思考体操の題材として「戦争」が好題だというだけの話.

基本的に平和主義者('、з)っ⌒っ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。