スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私掠屋としての灯火  於 東アジア海

良好な釣果に気を良くし狩場を高レベルプレイヤー犇く東アジア海域へと移す.

昨日は出来すぎだったからなぁ。。。さすがに今日は無理か

と昨今の海賊を取り巻く環境からかすっかり弱気になって始めたものの


先日に続き、 


大 漁 (人´ω`)


海事上げは9割方が回避オプション利用者であったが、冒険船・商船の回避オプション利用者は全体の約半数といった所

仕様変更のお陰で陳腐化してしまった停船勧告の台詞を改め、味気ない前口上のみで悪名を回収していく.



・・・まあ、狩れたから別にいいんだけどね(´ω`)

私掠屋としては「応戦か、降伏か、交渉か」という駆け引きも楽しみであっただけに今の仕様はやはり味気なく感じてしまう.

獲物となる船も非武装の船でも船尾砲くらいは積んでたり、あちら側から交戦仕掛けてきてベストな開戦位置を外そうとしてきたり。。。なんて元気の良いのも一昔前はいたもんである.

襲っておいてなんだけど、今の逃げれたよ? 

なんていうケースも多々.

そも、洋上には風向きだけじゃなく波の向きというのもあってそれを活かせば帆船でもガレーから逃げる事は十分可能なのである.

まして此方の船首エンジェル砲に船尾向けたまま前進してりゃそりゃ捕まるわな・・・

度重なる軟化策で航海者の質も変わってきたのかな等と少し感傷的になりつつ狩りを重ねていく.



この時点での悪名12000. 

狩りを再開して2日で9000の悪名を稼ぐ事に成功する.

なかなかいいペースだが、少し食傷気味である.

ホロに寄港して休むとするか・・・_ノ乙(、ン、)_



と、

台湾島の東の洋上を南進中、前方に大型ガレー船を確認.

すれ違い様に大きく舵を切り船首を此方に向けてきた.

海域検索に同業者を見掛けなかったので油断していたが、フランス籍賞金稼ぎ様のご来訪である.


派手にやりすぎたかなぁ 

と後悔する暇もなく開戦.

洋上戦の備えが無い為、今回も狙うは甲板である.
併走状態から相手の砲撃を往なしつつ旋回、敵船に切り込む.

いきなりの開戦で装備の確認もしていないが、相手の武器は甲板屋御用達の「戈」

それなりに甲板戦は得手なのだろうと警戒を強める.


敵の初手、アイテム「タカの羽」使用
(先日のネーデル籍海賊もそうだった・・・流行ってんのか、これ?)

対して、バルナバの初手は「2連続突き」・・・つまりハズレw

完全回避状態の相手に対して、またも丸腰状態で斬り合う格好である.

体力を200ほど削られた所で此方の完全回避奥義「黎明世界」発動.
(友人に散々ダサいとなじられた技名_ノ乙(、ン、)_オレ、カンガエタンチャウモン)

同時に回復薬を使用し体力は全快、ほぼ無傷の相手とイーブンの状態に戻す.

しかし、こちらは限られた回復枠の1つ(全4枠)を消費し行動力も大きく消費している為、やや不利とも言える.

使用した回復薬の再使用可能時間になるまで、完全回避奥義がコンスタントに出続けてくれなければジリ貧となる恐れもある.

祈る気持ちでテク装填を見守ると・・・

黎明世界 @3連続(人´ω`)ステキー

相手もコンスタントに完全回避奥義を発動させ、決め手に欠くまま時間が経過する。。。


完全回避状態の両者に通常攻撃は当たらない為、互いにテクニックによる散発的な攻撃を繰り返す.

と、焦れたのか相手はクイック系のテクを2チェイン、時間を置いてまたクイックを2チェイン


(´ω`)! 敵のテク、クイック系ばっか。。。?




尚も完全回避状態を奥義で維持しつつ、2枠目の回復剤を使用し体力のアドバンテージを奪取すると共に相手の戦術の見極めを行う.


 陸戦に使用できるアイテム枠は4枠までである.

 そのうちの1つは「タカの羽」残る2種は回復剤で鉄板、残り1枠は状態回復剤とするのが定石であろうと思量.

 一方バルナバはまさかの回復剤4枠である(実は選択ミスだった)

 テクはクイック縛りによるチェイン戦術を採用している公算が高い.


統合すると、回復剤の手数でバルナバリードである.

純粋に殴り合い・体力の削り合いになればバルナバが打ち勝つ.

回避奥義の応酬によって回復剤の再使用時間は解けている.

ここで再度2種使用してもまだ残り2枠、相手の回復力と同数であり削り合いの総ダメージで生き残れる.


が、決め手が無い.

こちらはテク絞りをしていない為、全種のテクが装填されてしまうのでチェインを重ねて一気に攻め落とす事が出来ない.

恐らく相手の狙いはここである筈.

・・・我慢勝負になるかなぁ

と腹を括ると程なくして両者回避奥義の効果時間切れ.

敵は「待ってました」と言わんばかりに

2連続突き!

2連続突き!

2連続突き!

2連続突き!

と、猛攻の姿勢.

R1のテクの消費行動力は「20」

回避奥義切れの際に相手は回復剤を使用している為、5チェインした後の行動力はゼロである.

つまり死に体.


なんとか猛攻を凌いだ・・・!

相手の5チェイン目終了後に先ず完全回避奥義を発動.かなりの体力が削られたがこれで相手の追撃はない.

更に仕込んでおいたパワー系テクニック「アインホルン」と「オーバシュニット」をカウンターで叩き込む.

チェイン数が高くなればなるほどくらうカウンターダメージも跳ね上がる.

相手の体力を一気に奪い、行動力ゲージゼロと思しきフランス籍賞金稼ぎ、沈黙.


∠(゚Д゚)/イェェェェガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!


失礼w

こう叫びたくなるくらい思惑通りの展開となったw

テク絞りも初手羽も戦術としてはいいけど、それを実際にどう運用するのかというのは実はかなり繊細な話なんだとバルナバは考える.

これ強いらしいぜー(´ω`)
えーまじでー(人´ω`)

で運用していてはその戦術の穴を理解できないと思うのだ.

事実、羽を選択した事で回復枠を1つ減らした事
   チェインに対するカウンターで沈んでいる


底が浅いようで、意外と深い甲板戦.

でもやってみると出たとこ勝負なとこもある.

そんな博打な甲板が私は大好きである(´ω`)ラクダシネ



戦闘終了後、ホロにて戦利品の売却額と収奪金額合わせて5000万ドゥカート.
先日と合算して9000万の稼ぎに.


(人´ω`)ウエヘヘヘ 僥倖僥倖♪

プロフィール

balnaba

Author:balnaba
戦争を題材にした娯楽全般を好むが、特段争い事が好きな訳ではない.
あくまで思考体操の題材として「戦争」が好題だというだけの話.

基本的に平和主義者('、з)っ⌒っ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。